未分類

カリカリのカナガンって実際どうなの?口コミ特集を大公開!

「カナガンってどんな猫でも本当に食いつきが良くなるの?」

「フードの安全面に問題はない?」

そう疑問を抱いている飼い主さんもきっといらっしゃることでしょう。

そこで、実際に愛猫へカナガンを与えている飼い主さんの口コミをこれから少しだけご紹介していきますね。

あなたの大切な愛猫が喜んで食べてくれそうかどうか、チェックしてみましょう。

カリカリのカナガンを実際に使ってみた飼い主さんの口コミ特集!

それではさっそく、カナガンの口コミに移っていきます。

カナガンを食べた猫ちゃん達は一体どんな反応を示しているのでしょうか。

悪い口コミと良い口コミをそれぞれで見比べてみましょう。

カナガンの悪い口コミ

まずはカナガンの悪い口コミからお伝えしていきます。

5歳/オス カナガンを購入し、さっそくフードを切り替えてみたらほとんど手を付けてくれませんでした。

それはまるで餌をずっと警戒しているような感じで、様子をうかがっているようでした。

だけど少しずつ前の餌と混ぜて慣らしていったら、なんとかカナガンだけでも食べてくれるようにはなりました。

4歳/メス 元々食べることが大好きなうちの猫は、カナガンに切り替えてからも毎日その勢いがおさまりません。

そうして喜んでくれるので、たくさんの量をあげていたら下痢をしてしまいました。

うちの猫のように、大食い猫にはあまり向かないのではないかと思います。

カナガンの良い口コミ

一方、カナガンの良い口コミには以下のようなものがありましたよ。

3歳/メス カナガンキャットフードは食いつきが良くなると聞いていましたが、本当にその通りでした。

あげても食べてくれないのでは?という心配をよそに、自ら進んで美味しそうに食べてくれました。

食事中の様子を見ていると、カリカリ音が鳴るのを楽しんでいるようにも感じます。

このまま継続して与えていきたいです。

6歳/オス 今までは安く手に入るキャットフードだけを与えてきました。

しかしずっと気になっていた皮膚炎のことを自分と同じく猫を飼っている友人へ相談してみたら、安価のキャットフードに隠された危険性の高さを教えられました。

そこで値段は少し高めだけどその分安全そうなカナガンへ切り替えてみることに。

すると今までは頻繁に発症していた皮膚の炎症が起きづらくなり、以前よりも愛猫が元気になったような気がするのです。

カナガンへ切り替えてみて本当に良かったと実感しています。

カナガンに悪い口コミがある原因と理由に迫ってみた!

なぜカナガンには悪い口コミがあったのか、みなさんも気になるところではないでしょうか。

飼い主さんからも好評のカナガンに悪い口コミがあった原因や理由には、次のようなことが考えられます。

原因と理由1.突然違うフードに切り替えたから

まず、フードを切り替えてもカナガンを食べてくれない原因と理由には猫が本来持っている警戒心の強さが現れているのだと思います。

食いしん坊な猫ちゃんであれば初めてでもバクバクと食べてくれることもありますが、警戒心の強い猫ちゃんだとそうもいきません。

警戒心が強いと場合によってはフードの切り替えに関係なく、エサを与える場所が変わっただけでも食べなくなってしまうことだってあります。

そこで愛猫が食べてくれるようになるために重要となるのが、フードの切り替え方です。

元から与えていたフードにカナガンを混ぜ、徐々にカナガンの量を増やしていくと最終的にはカナガンだけでも食べてくれるようになりますよ。

原因と理由2.カナガンを与え過ぎていた

カナガンを食べて下痢をしてしまう原因や理由としてよく挙げられるのが、与え過ぎによる成分の過剰摂取です。

供給量よりも多くの量を愛猫へ与えると、それが原因で便が柔らかくなりやすくなってしまうのです。

なぜなら便通を良くする食物繊維や腸内環境の改善に役立つオリゴ糖が含まれたカナガンを必要以上に愛猫へ与えてしまうと、それがかえって逆効果となってしまうからです。

どれだけ食欲旺盛な猫ちゃんであっても、あまり与えすぎてしまわないように注意しましょう。

口コミでも話題!安全性に優れた注目のカナガン

カナガンは美味しさだけでなく、安全性にも優れています。

そこでどうしてカナガンは安全なキャットフードと言われているのか、下記で少しだけご説明していきますね。

添加物が含まれていないからどんな猫に与えても安全

カナガンには添加物が含まれていません。

そのためどんな猫にも安心して与えることができるのです。

ホームセンターなどで安価に売られているキャットフードは添加物が多く含まれている可能性があることをみなさんはご存知ですか?

添加物の種類によっては、愛猫の健康が損なわれてしまう場合もあります。

しかし添加物が使用されていないカナガンだったら体調を崩す心配をすることなく、愛猫へ与えていくことができますよ。

猫の病気に多い尿路結石を予防することもできる

カナガンでは、猫が病気にかかることの多い尿路結石を予防することもできます。

それは尿路結石の原因となるビタミンCやマグネシウムの配合量が抑えられているからです。

元から水分を摂取する習慣があまりない猫はこれらの成分を過剰に摂取することでも尿中に結石ができやすくなり、膀胱炎などの発症につながってしまいます。

ですがカナガンはこうした病気のことも考慮して作られているので、尿路結石が心配な飼い主さんでも愛猫へ与えやすいキャットフードとなっていますよ。

まとめ

カナガンの口コミには

「食いつきが良くなった!」

「皮膚炎を発症することが減った。」

などというものがありましたが、その一方で

「カナガンに切り替えたら食べなくなってしまった。」

「下痢気味になった。」

という悪い意見もありました。

しかし愛猫への与え方にさえ気を付ければ、食欲低下や便の不調を防ぐことができますよ。

みなさんもぜひ、一緒に暮らしている大事な愛猫に安全なカナガンを与えてみてくださいね。